日々是好日

にちにちこれこうにち 写真日記風定年後の生活

カラオケソフトの導入手順書

さて、前述の無料カラオケソフトの構成を順を追って解説していきたいと思います。勿論配布されるダウンロードソフトにもメモ書き(read me)がついていますが、作者が異なり、英語版と日本語版が存在すること、また記述された時期が異なるため、バージョン違いの組み合わせにならざるを得ないことが、構成・組み立てを難しくさせています。またある程度の知識があることを前提に書かれていますので、パソコン操作に不慣れなレベルでみると、訳が分からないか、頭が混乱するというような状態になります。

ここではそうならないことを願いつつ、私がはまったり、苦労したところをしっかり記述してサポートしようと思っています。

先ず無料カラオケのベースになるソフトを入れるところから始めます。それは「Winamp」という英語版のソフトです。日本語化しなければならないという記述もネットには見受けられますが、進化していて、このソフトの中で言語の切り替えが可能になっています。インストール時に言語を聞いてくるところがありますが、日本語を最初から選んだような設定になっていたように思います。

手動で変更も可能です。Winampを立ち上げ、画面最上部にあるオプションをクリック、次にポップアップした画面の最下段に設定がありますから、それをクリック。するとWinamp設定画面が現れます。その項目にある言語設定一覧からWinamp-ja-jpを選べば日本語版にできます。

さて肝心のWinampのダウンロードですが、信頼の置けるサイトから取り込みましょう。

madonomoriwinamp.jpg

窓の杜で作者からのダウンロードがお薦めです。

winamplove.jpg
ウィンドウズの場合、この画像の赤丸のソフトをダウンロードすることになります。

http://www.forest.impress.co.jp/library/software/winamp/

このソフトをダウンロードして解凍し、管理者権限でデスクトップに以下のようなWinampのショートカットを作れない人はここで中断して下さい。この先はもっと複雑な操作が待っています。解凍や管理者権限の説明まで含むと、資料が膨大なものになってしまうのです。
winampshortcut.jpg

音楽の楽曲は著作権の問題もありますから、ここでは既存のウォークマンから取り出しました。
ATRACからMP3に変換するツールがソニーから出ています。
http://esupport.sony.com/US/perl/swu-download.pl?upd_id=2971

sonymp3convtool.jpg

こうして用意される楽曲は、任意のファイルに納めることができます。私の場合はデスクトップ→個人名→ミュージック→mp3musicというフォルダを新規に作ってここに収めました。フォルダの名前も自由につけて構いません。

SONY MP3 conversion toolは変換したい楽興のあるフォルダの指定、そして変換先に保存したいフォルダ(例:mp3music)を指定すれば変換作業が始まります。

これでベースになるソフトと楽曲が用意されたことになります。

次に「LyricsMaster」というソフトをダウンロードします。ウィンドウズ用とマック用があります。私はウィンドウズですから、そちらで説明を進めます。

LyricsMasterwindows.jpg

ダウンロード先はこちらです。

http://www.kenichimaehashi.com/lyricsmaster/

このLyricsMasterは、簡単に言うと歌詞をネットから取り寄せるソフトです。

分かりやすいように例をあげてみます。

kayamasample.jpg

LyricsMasterをクリックして、アーティスト欄に加山雄三と入力し、検索ボタンを押すと画像のような結果がでます。この中から楽曲に合う歌詞を見つける訳です。この保存先は先ほど例で上げたmp3musicフォルダとは別のフォルダが良いようです。何故なら、この歌詞はまだ歌っている箇所の文字色を変化させる前の段階だからです。拡張タイムタグ(文字の色変わりするタイミングを入力)を別のソフトで付加した後に、楽曲と同じフォルダに入れることになるからです。

ズラッと並んだ曲の中から、アーティスト名やタイトルが一致したものが見つかれば、その行をダブルクリックします。すると、その歌詞が別のページに表示されます。内容を確認の上、間違いがなければ歌詞の項目をクリックして、保存を選びます。

ryricmastershortcut.jpg

LyricsMasterをダウンロードし、解凍すると画像のようなアイコンが現れます

次にRhythmicaLyricsというソフトをダウンロードします。

http://suwa.6.ql.bz/RhythmicaLyrics.html

RhythmicaLyricspegesample.jpg

この画像はRhythmicaLyricsさんのダウンロードページの画像をそのまま使わせてもらっています。説明に便利だからです。最初この画像をみると、敷居が高いような印象を受けました。安心して頂くために簡単に説明すると、これが文字の色変わりするタイミングを入力する画面です。文字の下にある点と点はある程度自動的に割り振られますが、自分で増やすことも削ることも可能です。

よく見てみると、漢字には2つの点があり、ひらかなは1つの点になっていることが分かります。つまり漢字は音読みあるいは訓読みした時の文字の数なのです。漢字で3つの点というのも当然ながらあります。

ここまでは理解頂けましたか。RhythmicaLyricsをダウンロードすると、

RhythmicaLyricsshort.jpg

このようなショートカットが表示されます。

RhythmicaLyricsをクリックすると、青色の何もない画面が現れます。その画面のファイルという項目をクリックすると、曲を開くと歌詞を開くという項目が現れます。

曲を開くというボタンを先に押すと、その楽曲のフォルダの場所を聞いてきます。私の場合はmp3musicというフォルダですが、任意の場所で構わないと前述したのは、ここでフォルダの場所を指定できるからです。

この段階で大事なことは、楽曲のファイルの名前と歌詞のファイルの名前が一緒でないといけないということです。そうでないとソフトが2つのファイルの結びつけができないからです。

説明のためもう一度同じ画像に登場願います。
RhythmicaLyricspegesample.jpg

カラオケにしたい楽曲を選び(フォルダの場所を指定)、同じ名前にした歌詞を選び(フォルダの場所を指定)。RhythmicaLyricsのヘルプの下くらいにある再生ボタンを押します。黒い右向きの三角形です。パソコンから音がでる状態にしてあれば、楽曲の演奏が始まります。最初の歌いだしの位置(文字の付近)をクリックし、歌い出しとタイミングを合わせてスペースバーを押します。この動作も分かりにくいものの一つですが、歌いだしの位置をマウスで指定し(クリック)、楽曲がその場所まできたら、すかさずスペースバーを叩くということです。失敗しても部分的なやり直しはできますので、気軽にやりましょう。

そうして演奏が終わるとファイル→名前をつけて保存を選びます。デスクトップに楽曲名と同じ.lrc(拡張子)のファイルができているはずです。この.lrc(拡張子)のファイルの名前を変更します。カラオケソフトでは歌詞は.txt(拡張子)でないと同期できないからです。ファイルが見つからないという状態になってしまうのです。

名前を変更したら、楽曲と同じフォルダ(私の場合はmp3music)フォルダに移動させます。これで演奏が始まった時に歌いだしの位置を記憶させた歌詞と同期するのです。

次にプラグインソフトをWinampに関連付けします。他にも同様な関連付けソフトはありますが、私の場合で説明を続けます。

kraampdown.jpg

http://www.interq.or.jp/japan/sane/kra/kra_amp.html

こちらのページに行くとkra_amp_v032b.zip ( 109KB )というファイルをダウンロードできます。kra_amp_v032b.zip ( 109KB )をダウンロードして解凍すると出てくるファイルから、kra_amp.dll、kra_skin.bmp、kra_skin.txtとback.jpgというファイルをWinampに関連付けします。

関連付けするとは、Winampが入っているプログラムフォルダに入れるということです。標準でインストールするとWinampはC:のディスクファイルの直下にあるProgram Fileの中にWinampという名称でフォルダが保存されています。このWinampのフォルダをクリックするとずらっとファイルやフォルダが出てきます。その中にPluginというフォルダがあるはずです。このPluginフォルダをクリックして、先程のダウンロードしたファイルであるkra_amp.dll、kra_skin.bmp、kra_skin.txtとback.jpgをコピーしてその中に入れ込みます。以下の写真が入れ込んだ時の様子です。
kannreduke.jpg

次にフル画面でカラオケ表示するための関連付けを行います。Winampをクリック。上にある各項目のオプションタグをクリック、その下に出てくる設定をさらにクリック。
fullscreen.jpg
Winamp設定の中にあるプラグインの一つ、視覚エフェクトをクリックします。その中から画像で赤く囲った、KARAOKE Player by SANE v0.32bをクリックします。そうすると、下の方にあるプラグイン モジュールの欄にKARAOKE Playerが表示されるはずです。その下の設定をクリックします。

あと一息になりました。
関連付け(プラグイン)で、標準の設定を変更するところがあります。

setteizyogai.jpg
上と同じようにWinanmのオプションの中の設定をクリック。Winamp設定のプラグイン出力をクリック。標準ではNulsoft DirectSound 出力v2.64(d)になっていますので、これをNulsoft WaveOut出力v2.17(d)の方をクリックして設定ボタンを押します。

これでひと通りの準備が整いました。
Winampをクリック、ファイル項目をクリック。カラオケにしたい楽曲を選びます(ファイルの場所を指定するの意味)。そのフォルダの中から、曲を選んで設定ボタンを押します。Winanpの再生ボタンを押します。(黒い左向き三角)演奏がスタートします。続いてWinampの表示項目から視覚エフェクトをクリック。すると全画面表示に切り替わり、見慣れたカラオケ画面になるはずです。

全画面の終了は、Esc(エスケープキー)を押すことで、Winampの状態に復帰します。

ここまでは、最低限の構成の仕方を書いています。
さらに録音したい、背景の画面を変えたい、文字の色変化のタイミングを変更したい、ボーカルの入った曲をカラオケ風にボーカルを減衰させたいなど、さらに高度な要求がでてくることでしょう。それらについては、また後日の掲載とさせて頂きます。
  1. 2014/03/14(金) 06:00:30|
  2. 日記
  3. blogram投票ボタン
  4. | コメント:0
<<ガラケー・スマホ2台持ち | ホーム | パソコンでカラオケ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

プロフィール

そよ風君

Author:そよ風君
定年後、写真付きの日誌を掲載しています。
趣味:写真、車、読書、日曜大工、PC、水彩など

日々是好日は有名な禅語の一つ、平安を願う心が底流にあり、常に今を大切にし、足るを知る心境を日々是好日と言います。

最新コメント

カテゴリ

未分類 (1)
日記 (2482)
水彩の絵筆(趣味) (528)
漂泊の詩(お出かけ・旅行) (192)
腹八分目(グルメ) (133)
カイの日記 (192)
プロフィール (2)
優雅なトールペイント (43)

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

年別アーカイブ一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する