日々是好日

にちにちこれこうにち 写真日記風定年後の生活

宝塚北サービスエリア

28222.jpg

住まいの近くに待望の川西インターチェンジが出来て、新名神高速道路の高槻‐神戸間が開通しました。自宅から京都へ向かうのも神戸に向かうのも便利になりました。その新名神の途中にある宝塚北サービスエリアは、規模が西日本最大とあって、連日賑わっています。初日は8kmの渋滞が起こるほど、サービスエリアに入ろうとする車が並んだのですが、ほとぼりの冷めた平日を狙って見学にでかけました。

28224.jpg

建物は南欧風ですが、この近辺に住む住民にとっては、関西学院大学の三田キャンパスに似ているとの印象を抱くに違いありません。

28245.jpg

人気のショッピングゾーンはこの室内と建物の外壁に面したアクセスが外部になる店舗の二種類がありました。

28246.jpg

お土産コーナーは、地域の宝塚歌劇団関連のここにしかない特産品もありましたが、神戸から京都にかけての沿線の名物も並んでいました。伊勢の赤福餅はどういう関連かなと思いました。

28249.jpg

パン屋さんは、いろんなサービスエリアで見かけますが、こちらは規模も大きく品揃えも豊富でした。

28252_0.jpg

グルメコーナーは各お店の店頭でチケットを買う方式になっていました。無線の呼び出し装置で、商品が完成すると呼び出される仕組みです。団体さんのバスが到着すると、一挙に混雑が増すような印象を受けました。

28253.jpg

私はこれと思えるお土産をLINEで送って、写真のものを持ち帰りしました。

28257.jpg

これも楽しみの一つだったのですが、初めてのスマートゲートの利用です。ETC搭載の車が条件で、全長20m以内の車という制限があります。
  1. 2018/04/28(土) 09:42:34|
  2. 漂泊の詩(お出かけ・旅行)
  3. blogram投票ボタン
  4. | コメント:0

古民家レストラン N'sキッチン

IMG_20180423_134345.jpg

紹介記事を目にして、いつか時間ができれば行ってみたいと考えていたお店です。火曜日と水曜日がお休みという変則的な営業をされていて、今日でもと思うと定休日だったりして、なかなか訪れる機会がありませんでした。オリジナルの建物は大正時代の建築だそうです。社交スペースがもともとあったようで、レストランにするには格好の物件だったのでしょう。

20180423_134550323.jpg

店内はご覧のように落ち着いた雰囲気。かなり山のなかにあるにもかかわらず、会話を楽しむ女性の姿が多くみられました。14時くらいに訪れましたが、ランチは終了していますが良いですか?と声をかけられて入店しました。スタッフのお人柄から、丁寧なランチ作りが人気なんだろうなと想像できました。

IMG_20180423_135013.jpg

私は喫茶だけの利用のつもりでしたから、コーヒーとケーキをセットして注文しました。マイルドなコーヒーはなかなか美味しく満足できる内容でした。

IMG_20180423_134323.jpg

駐車場はご覧のような場所で、少々腕に自信のある方でないと難しいかも知れません。私もなんとか止めることができましたが、帰りはバックで急な坂道を下らないといけないような状態でした。どこかでターンできるスペースを確保してもらえると有難いですね。
  1. 2018/04/24(火) 08:34:34|
  2. 漂泊の詩(お出かけ・旅行)
  3. blogram投票ボタン
  4. | コメント:0

リベンジ足立美術館

IMG_20171011_122127.jpg

三朝温泉までたどり着きながら豪雨であきらめた足立美術館にリベンジしてきました。

DSC_1130.jpg

今回は数週間前に予定したスケジュールでしたが、うまい具合に好天に恵まれました。この写真は、どこかで見かけたことのある方が多い、最も有名な景色ですが、美術館の回廊から眺める写真を中心にアップしてみました。

IMG_20171011_133939.jpg

どの窓からも違った風情が味わえるように、綿密に計算されています。

DSC_1149_201710131821211fc.jpg

写真を撮る人、じっと眺める人。タイミングを見て撮影するのも大変です。

DSC_1147.jpg

縦に切り取られた風景は掛け軸のような趣があります。

DSC_1140.jpg

こちらも見事な構図になるよう太い松が植えられています。ただものではないことが分かる景色です。

DSC_1139.jpg

エントランスに近い大きな窓は、緞帳のような景色です。
  1. 2017/10/20(金) 15:05:04|
  2. 漂泊の詩(お出かけ・旅行)
  3. blogram投票ボタン
  4. | コメント:1

松江フォーゲルパーク

DSC_0209.jpg

松江フォーゲルパークに行ってきました。観光地として評判も高かったのですが、その通りの場所でした。

DSC_1036.jpg

入り口は古風な長屋門風ですが、入場券を買って大きな扉が開いた時に目に飛び込んでくるのがこの景色。誰しも息を呑んだり感嘆の声を上げる光景です。エントランスでこのように感動する体験は、そう多くないと思います。

DSC_0199.jpg

花の多さと手入れが行き届いているなと感じさせるものがあります。そういう目に見えない努力も味わうことができました。

DSC_1052_20171013091635f8a.jpg

こちらはこの温室だけでなく、くにびきの展望台や鳥が飛び交うスペース、野鳥のケージなどぐるりと巡ることができますが、やはりこの大温室が圧巻です。

DSC_0194.jpg

花が好きな人にとっては、天国に迷い込んだような錯覚を覚えるのではないでしょうか。

DSC_1046.jpg

巡回の途中には、フクロウが飛行するショーなどもあり、楽しめます。頭上を音もなく、すれすれに飛ぶ様子には、思わず頭を低くしてしまいました。

DSC_0189.jpg

コメントを頂いて、近くなら行ってみたいとおっしゃるので、追加で写真を載せることにしました。こんな喫茶店があれば、人気になるでしょうね。ここは飲食のできる休憩スペースです。

DSC_1071_20171013212542e80.jpg

上にばかり目がいきますが、目の高さも足元も美しいです。

DSC_0204.jpg

圧倒的なお花の量ですが、個別にみても端正に育てられています。

DSC_1072.jpg

コメントにありますように、ベゴニアとフクシアが中心でその品種は千種類を超えるそうです。
  1. 2017/10/13(金) 09:27:56|
  2. 漂泊の詩(お出かけ・旅行)
  3. blogram投票ボタン
  4. | コメント:3

初ニフレル

CIMG3969.jpg

旧万博記念公園後に誕生したエキスポシティに、遅まきながらでかけてきました。オープン当初の熱気は収まっていますから、比較的楽に見学できる頃だと考えたからです。お目当てはニフレル。〇〇に触れるから〇〇以下の文字を取って、ニフレルとなったようです。

CIMG3976.jpg

様々に観察ブースの色が変化する中で、小型の水槽に珍しい生き物たちが迎えてくれます。

CIMG4001_20170818081727d39.jpg

四方がガラス張り(アクリル板ですが)の水槽に、生物がいるので、目の高さでいろんな角度から観察することができます。

CIMG3978_20170818081733e0e.jpg

見学者の年齢層は幅広く、幼児から高齢者まで多くの人が楽しめる場所だと思います。

CIMG3981.jpg

こちらは人気のドクターフィッシュのコーナー。実際に指を一本水中に入れることができ、皮膚の角質をつつきに魚が集まってきます。もっともニフレルらしい場所でしょうか。

CIMG4002.jpg

地上と水中の動きを手の届くような距離で観察できるのは、これまでの展示方法より進化しています。逆に動物のほうのストレスは高いかもしれません。

CIMG4005_20170818081729313.jpg

オープン間もない時間帯を狙いましたが、それでも大勢の人が詰めかけていました。出口を出るとお土産店の中を通過しないと出られない仕掛けになっていて、ついつい手が出てしまいます。
  1. 2017/08/18(金) 08:32:18|
  2. 漂泊の詩(お出かけ・旅行)
  3. blogram投票ボタン
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

プロフィール

そよ風君

Author:そよ風君
定年後、写真付きの日誌を掲載しています。
趣味:写真、車、読書、日曜大工、PC、水彩など

日々是好日は有名な禅語の一つ、平安を願う心が底流にあり、常に今を大切にし、足るを知る心境を日々是好日と言います。

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (2511)
水彩の絵筆(趣味) (529)
漂泊の詩(お出かけ・旅行) (197)
腹八分目(グルメ) (134)
カイの日記 (192)
プロフィール (2)
優雅なトールペイント (43)

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

年別アーカイブ一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する